プラスお茶

ロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティー

イギリスではブラックティーとして入れた紅茶に、濃厚なミルクを入れるのが「ロイヤルミルクティー」と呼ばれています。また、ティーハウスや専門店で飲む場合には店のオーナが、家で入れる場合には家の主人が、ミルク紅茶に合わせた分量のミルクを容器に入れて出します。


本格ロイヤルミルクティーのレシピ

ロイヤルミルクティーとして入れられた紅茶は、ミルクが別容器で出されていても、ミルクを入れる前にブラックで飲むのは避けた方が良いでしょう。せっかく考えた茶葉とミルクの相性や分量を、気に入らない、というように感じ取られてしまう事もあるからです。ミルクティーとして出された紅茶は初めからミルクをいれて飲むのが暗黙のマナーです。

材料(3〜4杯分)

ウバ 10g・牛乳( ノンホモジナイズド低温殺菌タイプ)250cc・生クリーム 110cc・お湯 300cc

作り方

  • 熱湯を入れて温めたティーポットをマットの上に置き、茶葉を入れ沸騰させたお湯をやや高い位置から注ぎいれます。注いだら蓋をして、ティーコジーを被せて3〜4分蒸らします。
  • ミルクパンに牛乳と生クリームをいれ弱火でゆっくりと軽く湯気が出るくらいまで温めます。
  • ティーカップ4つに茶漉しをセットし、ティーポットの紅茶を回しいれます。この時、初めはカップの半分まで紅茶を注ぎ、全てのカップに均等に注いだらティーポットに残った紅茶全てを初めのカップから注いでいきます。
  • 温めたミルクは4等分してミルクポットに分け入れてブラックティーに添えてサーブします。ティースプーンのシナモンスティックを添えると簡単にスパイシーロイヤルミルクティーにアレンジできます。

スパイスロイヤルミルクティーの簡単レシピ

基本的には茶葉・水・牛乳があれば十分ですが、様々な香りや味を楽しむためにもスパイスの使用をお勧めします。チャイと呼ばれる事もあるスパイシーなロイヤルミルクティー。スパイスは主にシナモン、グローブ、カルダモンなどが多く使用されていますが、自分にあったスパイスを探すのも楽しいですよ。

材料(4杯分)

ダージリン(オータムナム)12g・牛乳( ノンホモジナイズド低温殺菌タイプ)290cc・生クリーム 70cc・エバミルク 70cc・お湯 220cc・ショウガ 3〜4切れ・シナモンスティック 1本・カルダモン 6〜8粒・クローブ 3〜4粒

入れ方

  • スパイス類は皮をむき、軽くつぶして香りが出やすいようにしておきます。シナモンスティックは3つくらいに折っておきましょう。
  • 温めたティーポットをマットの上に置き、紅茶葉とスパイスを入れて沸騰したお湯を少し高い位置から注ぎます。
  • 注いだら蓋をしてティーコジーを被せ、3〜4分蒸らします。
  • 鍋に牛乳、生クリーム、エバミルクを一緒に入れ、弱火でゆっくりと温めます。ミルクが馴染んで湯気が出てきたら、沸騰する前に火を止めます。
  • 茶葉が完全に開いていることを確認したら、温めた牛乳にティーポットで蒸らした紅茶を加え、沸騰させないように弱火でさらに1〜2分間温めます。
  • 蒸らし終わったら温めたカップに茶漉しをセットして、ロイヤルミルクティーを均等にサーブして完成です。砂糖やハチミツで甘みを出したい場合には、サーブしてからお好みの量を入れるのがおすすめです。