プラスお茶

チャイ

チャイ

日本のコーヒーショップやインド料理店などでは、甘く味付けしたチャイが販売されていて、若い人たちを中心に大変人気がありますよね。チャイはインドやネパールを初め色々な地域で飲まれているミルクティーですが、国や地域によって入れ方や材料が違っています。


チャイとは

チャイはインドやネパール、ヒマラヤ山岳地帯周辺で飲まれているスパイスを使ったミルクティーのことです。日本人にとってチャイは、インドのとても甘いミルクティーというイメージが強いかもしれません。しかし山岳地域では、スパイスを煮出して飲む健康維持のための飲み物という感覚で作られている事も多く、スパイスのカスや渋みが強く感じられるのが特徴です。また、その地域の水を遣って入れるため、岩塩がふくまれていて塩味があるものや、まろやかさを出すためにバターを加えて飲むチャイもあります。インドやネパールなどでは嗜好品として飲まれることが多いため、甘くスパイスの香りが濃厚なチャイを飲むことが出来ます。

チャイを楽しむ

路上チャイ屋

インドでチャイを楽しみたい場合には、路上に出ている屋台のチャイを飲んでみるのもおすすめです。インドの人は一日に何度もチャイを飲みますが、その時に使う薄い焼き物のカップは、一回飲んだら道の端に叩きつけて割るという習慣があります。インドでは複数の文化や習慣を持った人達が暮らしていて、同じ器を使いまわさないためのチャイの飲み方なんです。このカップは、土で焼き上げた焼き物なのやがて土に戻ります。そして、カップを作る職人の生計も成り立つエコな習慣を味わえるのも路上チャイ屋の楽しみ方です。

茶葉とスパイス

一般的に使われるスパイスは、ショウガ・クローブ・カルダモン・シナモン・ペッパー^などが使われます。使うスパイスの種類は決まっていませんので、自分の好きな香りや風位のスパイスを7〜6割、残りのスパイスを少量ずつ入れると香りや風味がぶつからずのみやすい香りになります。また、スパイスの香りを生かすためには、セイロンティーのようにくせのないオードソックスなタイプの茶葉を使うか、ダージリンタイプの個性のあまり強すぎない茶葉を使って風味とスパイスの組み合わせを楽しむのがおすすめです。

おうちで簡単マサラ・チャイレシピ

材料

ショウガ4〜5スライス分・クローブ5粒・カルダモン 9粒・シナモン 1本・ダージリン茶葉 ティースプーン5杯・牛乳 カップ2杯

作り方

  • 生姜は薄くスライスし、クローブ、カルダモンは軽く潰しておきます。シナモンは適当な大きさに砕いておきます。
  • 鍋にカップ2杯分の水を入れ、沸騰させます。沸騰したら中火から弱火にして、紅茶葉とスパイスを入れて1分間に出します。
  • 1分煮出したら火をとめて、鍋に蓋をします。冷めないように布製や木製の鍋式を使うのがおすすめです。そのまま3〜4分蒸らして香りを出します。
  • 蒸らしたら鍋をコンロに戻し、牛乳を加えて中火から弱火にしてゆっくりと温めます。沸騰しないように火を調節しながらかきまぜながら温めましょう。沸騰してしまうと渋みが出て香りが弱くなってしまいます。
  • 温まったら火を止めて、茶腰で茶葉とスパイスを漉して、カップに注いで完成です。