プラスお茶

台湾茶

台湾茶

中国茶をゆったりと楽しむ「茶房」やカフェが広まったのは、実は台湾からなんです。台湾茶は香りが良いため、味だけでなく香りを楽しむ習慣があり、「聞香杯」と「茶杯」等の茶器もその習慣のかなから自然に生まれました。現在でも台湾茶の産地といわれる地域では、毎年生産された台湾茶を評価するコンテストが行われより良い味と香りのお茶が作られています。


台湾茶について

歴史

台湾では、17世紀後半の清代嘉慶帝時代にお茶の栽培が始まりました。中国大陸の福建省から持ちこんだ茶樹が台湾の北部で栽培され、木柵(ムージャー)という地域で始めて茶葉が収穫されました。その後19世紀に福建省から烏龍種の茶樹を持ち帰り、そのうち12株が凍頂山で根付いたところから、台湾茶として改良が進み、現在の凍頂烏龍茶が作られました。

特徴

台湾茶と呼ばれる茶のほとんどが、中国大陸ではあまり作られていない「青茶」という半発酵させたタイプです。台湾の青茶は緑茶を部分発酵させたもので、華やかですがすがしい良い香りが特徴です。この香りを作り出すために茶樹を育てるときには極力大豆カスや鶏骨などの有機肥料を使う独特の栽培方法をまもり、肥料をやりすぎて香りが損なわれるのを防いでいます。

茶器

中国茶器の一つとして知られる聞香杯(ジカハイ・ウェンシャンペイ)は、香りの良い台湾茶を楽しむために作られた茶器です。高さのある聞香杯は背の低い茶杯とセットで使います。茶壷で入れた台湾烏龍茶は、初めに聞香杯に注ぎます。次に聞香杯の中身を小さいほうの茶杯に移します。聞香杯に鼻を入れるようにして、器に残った香りを楽しんだ後、茶杯に入れたお茶を飲んで楽しみます。

台湾茶の種類

凍頂烏龍茶

大変香りの良い台湾を代表する烏龍茶です。繊細で優雅な香りと薄い青みのかかった黄金色の茶は見た目にも美しく、なまろやかな味が特徴です。十分に葉の開いた一芯三葉を摘んだら、しおれさせて発酵を促す「萎凋(イチョウ)」の後、茶葉の形を整えるようにもみこむ「揉捻(ジュウネン)」しさらに木綿を使って5mm程度の大きさになるまで丸める「包揉(ホウジュウ)」といった手順で作られます。


東方美人

台湾茶の中でも発酵度合いが進んでいるタイプでマスカットに似た香りと紅茶のような味わいが特徴です。もともと古くから独特の製法で作られていた「白豪烏龍茶」ですがヨーロッパでも人気が高く「東方美人」と呼ばれるようになりました。ウンカと呼ばれる稲につく虫を利用して発酵促進させることで、独特の香りが生まれます。また、一般的には早や摘みはしないとされる烏龍茶でも、東方美人に使う茶葉だけは若芽の一芯二葉の茶葉が使われています。


木柵鉄観音

台湾で初めに収穫されたお茶で200年前から同じ製法を守り続けて作られている台湾茶です。硬く引き締まっている赤みのある茶葉で、しっかりと焙煎されています。香ばしくカカオのようなほのかな苦味とフルーツのような甘みと酸味のある味わいが特徴です。お湯注ぐと、ツヤのある薄い琥珀のような色のお茶になります。また、その香りや色を生かして、花茶のようにお湯を注いだときに見た目で楽しめる工夫茶に使われる事もあります。